CONCEPT
Install@tion for Time Travel towards Historic Tokyo

reserve

人数

DESIGNconcept

外観やインテリアのデザイン監修は世界的に著名な建築家・隈研吾氏によるもの。
工業素材と自然素材を大胆に融合し、大都会・東京にありながら旧き良き下町の趣を残すこのエリアにふさわしいコントラストを描きました。

隈 研吾

東京の「新しい下町」に路地をテーマとする街と空に開かれたホテルをデザインしました。世界中から旅人が集まる、東京の新しいストリートカルチャーの拠点をイメージしています。

隈 研吾 Kengo Kuma

1954年生。東京大学建築学科大学院修了。1990年、隈研吾建築都市設計事務所設立。 現在、東京大学教授。1997年「森舞台/登米市伝統継承館」で日本建築学会賞受賞、その後「水/ガラス」(1995)、「石の美術館」(2000)「馬頭広重美術館」(2000)等の作品に対し、海外からの受賞も数多い。2010年「根津美術館」で毎日芸術賞。 近作に梼原木橋ミュージアム(2010)、浅草文化観光センター(2012)、長岡シティホールアオーレ(2012)等。
また現在、東京オリンピックに向けて建設される新国立競技場の設計(2019竣工予定)にも携わっている。

one@tokyo

SERVICEconcept

Installation
【意味】1. 美術展示。設置物。 2. 基地。

ホテルそのものがデザインを施した美術展示であるという自負と、旅の拠点・情報基地としての機能を果たしたいという想いをこめました。

Install@tion for
Time Travel towards Historic Tokyo

押上は東京スカイツリー®をはじめとする新しい街並と、江戸から続く旧き良き趣とが交錯するスポット。最先端の斬新さと古の温もり、都会的な洗練と厚い人情といった相対する2つのテイストを肌で感じることのできるエリアです。

一歩足を踏み出せば、それはさながら時空を超えたタイムトラベル。旅のベースキャンプとして、皆様のONE&Onlyな発見と出会いをお手伝いします。

Installation for Time Travel towards Historic Tokyo

Cutting-edge
Digital Environment

一緒に旅する仲間と、家に残してきた家族や恋人と、旅の体験をいち早くシェアするため、
無料Wi-Fiをはじめ、ストレスフリーなデジタル環境をご用意しました。

  • Handy

    Handy

    滞在中の館外持ち出しが可能なスマートフォン端末を客室に完備。ご自身のアカウントで各種アプリをご利用いただけるほか、日本国内のほか世界15か国への通話が無料。

  • Chromecast

    Chromecast

    お気に入りの写真や動画・ゲーム等さまざまなコンテンツを、お持ちのモバイル端末から客室に設置したテレビにキャストできる、ストリーミングデバイスです。

Smoke Free

美術作品であり、旅の仲間が集う基地でもあるONE@Tokyoは、皆さまが快適にお過ごしいただけるよう完全禁煙とさせていただいております。

pagetop